こんなときは?交通事故Q&A

Q. 自損事故でも治療はしてもらえるの?

A. 結論から言うと、使える場合と使えない場合があります。

例えば、自分が運転者で同乗者を乗せていて電柱やガードレールにぶつかってしまった。

この場合、運転者(自分)が加害者で同乗者が被害者となるので、自動車保険でカバーできます

しかし、これが自分ひとりであったら…。

自業自得だし、痛いのは我慢しますか?

多少のカラダはつらくても、まずは自分の加入している保険の内容を確認しましょう。

『人身傷害補償』がついている保険に加入していれば、過失割合に関係なく、自損事故の治療費に保険金を充てることができます。

ご加入の保険会社により対応や補償は様々ですので、当院で治療を希望される前には問い合わせてから、来院ください。保険会社からの文書または電話の通知をもって、治療の開始となります。窓口負担金は基本的にありません。
151_1051_1521[1] tanto2-06[1]

Q. ひき逃げや無保険車が事故相手。治療はしてもらえるの?誰に請求するの?

A. 基本的には次の3つの選択肢が対象となります。

(1)人身傷害補償保険

任意保険の特約の一つです。
補償の対象となる人が自動車に搭乗しているときや、歩行中に事故で死傷したときに、保険金が支払われる自動車保険です。

(2)無保険車傷害保険 

任意保険の特約の一つです。
自動車事故にあったときに相手側から、十分な賠償金(保険金)を受け取れなかったときに、それを補うための自動車保険です。
 

(3)政府保障事業

自賠責保険に未加入の人で、なおかつ経済力がなく賠償能力がない場合や、ひき逃げにあって加害者が特定できない場合に、国が代わって賠償金の支払いを行ないます。
被害者側で自動車保険に加入していない場合や加入していても補償の対象外になる場合もありますので、この場合に有効な方法となります。
保証内容は基本的に自賠責保険と同じです。